実行委員会便り

【三陸国際ガストロノミー会議2019/登壇者の紹介】

□登壇予定:6月11日(火)
リッチー・リン氏 / 「MUNE」(台北・台湾)

最先端の台北ビストロノミー、予約困難の人気店「MUME」 シェフ。 レストランよりカジュアルで、ビストロと 美食のガストロノミーを合わせたビストロ ノミーを開発。地元食材と国内外の視点を 織り交ぜた独自の世界観を展開し、国内外 で高い評価を得ている。
リッチー・リン氏自身は国籍はカナダ、香港でのキャリアを積み、台湾の素晴らしい食材に魅せられ、台北にMUMEをオープンする。
2019年「Asiaʼs 50 best restaurants」で7位を獲得、また 台湾ミシュラン一つ星を獲得。
ガストロノミー学会の本場スペイン「マドリッド・フュージョン2019」に登壇し、今やアジアを代表する存在に。
... See MoreSee Less

【三陸国際ガストロノミー会議2019/登壇者の紹介】

□登壇予定:6月11日(火)
リッチー・リン氏 / 「MUNE」(台北・台湾)

最先端の台北ビストロノミー、予約困難の人気店「MUME」 シェフ。 レストランよりカジュアルで、ビストロと 美食のガストロノミーを合わせたビストロ ノミーを開発。地元食材と国内外の視点を 織り交ぜた独自の世界観を展開し、国内外 で高い評価を得ている。
リッチー・リン氏自身は国籍はカナダ、香港でのキャリアを積み、台湾の素晴らしい食材に魅せられ、台北にMUMEをオープンする。
 2019年「Asiaʼs 50 best restaurants」で7位を獲得、また 台湾ミシュラン一つ星を獲得。
ガストロノミー学会の本場スペイン「マドリッド・フュージョン2019」に登壇し、今やアジアを代表する存在に。

【三陸国際ガストロノミー会議2019/登壇者の紹介】

□登壇予定:6月11日(火)
山口杉朗氏 / 「BOTANIQUE」(フランス・パリ)

リヨンの名店ニコラル・バック氏のもとでフランス伝統料理の基礎を学ぶ。
「常に基本を立ち返る」、「心温まる料理」を信条とし、旬の食材を使って料理するこ
とを常に心がけている。2015年、パリ11区で自身初のレストラン“ボタニック” をオープン、本能的かつ直感的な料理を提供している。
一年前、山口シェフは岩手県に約1週間滞在し、「ロレオール田野畑・田野畑村」と「和海味処 いっぷく・山田町」でコラボイベントを開催しました。山口シェフ自身が初めて味わう三陸の海の幸や、北上山地の恵みをフランスの感性と技術で提供し、参加者からは大きな評価を得ました。帰国後、山口シェフのレシピには岩手の食材が新たに加わり、パリの食通達を楽しませています。
... See MoreSee Less

【三陸国際ガストロノミー会議2019/登壇者の紹介】

□登壇予定:6月11日(火)
山口杉朗氏 / 「BOTANIQUE」(フランス・パリ)

リヨンの名店ニコラル・バック氏のもとでフランス伝統料理の基礎を学ぶ。
「常に基本を立ち返る」、「心温まる料理」を信条とし、旬の食材を使って料理するこ
とを常に心がけている。2015年、パリ11区で自身初のレストラン“ボタニック” をオープン、本能的かつ直感的な料理を提供している。
一年前、山口シェフは岩手県に約1週間滞在し、「ロレオール田野畑・田野畑村」と「和海味処 いっぷく・山田町」でコラボイベントを開催しました。山口シェフ自身が初めて味わう三陸の海の幸や、北上山地の恵みをフランスの感性と技術で提供し、参加者からは大きな評価を得ました。帰国後、山口シェフのレシピには岩手の食材が新たに加わり、パリの食通達を楽しませています。

4 days ago

三陸国際ガストロノミー会議2019

【三陸国際ガストロノミー会議2019/登壇者の紹介】

□登壇予定:6月11日(火)
ルシア・フレイタス氏 / スペイン

スペイン・ガリシア地方出身。早くから料理人を目指し、サンセバスチャンのあるバ
スク地方を始めとする各地で修行後、故郷サンチャゴにて「a Tafona de Lucia Freitas」を開き、一躍注目の若手シェフとなる。「リアス式海岸」とはガリシア地方の三角州からなる海岸線が語源であり、その環境がもたらす海産資源は三陸とも共通する。昨年4月に三陸地方を支援するため来日し、岩手の料理関係者に向けた講習会を開催、三陸の牡蠣を使ったレシピを披露した。
スペイン国内外の料理学会に積極的に参加し、また、サンチャゴ市場の近隣にカジュアルなレストランをオープンさせ、精力的に地元食材や食文化の発信を行っている。2019年スペインミシュラン一つ星を獲得。
... See MoreSee Less

【三陸国際ガストロノミー会議2019/登壇者の紹介】

□登壇予定:6月11日(火)
ルシア・フレイタス氏  /  スペイン

スペイン・ガリシア地方出身。早くから料理人を目指し、サンセバスチャンのあるバ
スク地方を始めとする各地で修行後、故郷サンチャゴにて「a Tafona de Lucia Freitas」を開き、一躍注目の若手シェフとなる。「リアス式海岸」とはガリシア地方の三角州からなる海岸線が語源であり、その環境がもたらす海産資源は三陸とも共通する。昨年4月に三陸地方を支援するため来日し、岩手の料理関係者に向けた講習会を開催、三陸の牡蠣を使ったレシピを披露した。 
スペイン国内外の料理学会に積極的に参加し、また、サンチャゴ市場の近隣にカジュアルなレストランをオープンさせ、精力的に地元食材や食文化の発信を行っている。2019年スペインミシュラン一つ星を獲得。

【三陸国際ガストロノミー会議 2019 / 登壇者の紹介】

□登壇予定日:6/10(月)
オリヴィエ・ロランジェ氏 / フランス

ブルターニュ地方の港町カンカルで、オーベルジュ「シャトー・リシュー(ダイニングは2つ星)」や、自身の名前を冠したスパイスブランドを家族ととも経営する。
世界57カ国の高級ホテル・レストラン500軒弱が加盟する会員組織「ルレ・エ・シャトー」副会長。
海洋および地球環境への取り組みもこれからの料理人の責任ととらえ、2009年より絶滅危惧種をメニューから外すなど、持続可能な食のあり方について国籍・業界を超えた活動を積極的に行っており、ユネスコがオリヴィエ氏の名前を冠した海産資源に限定した料理コンクールを立ち上げるなど、その発信力と影響力は料理業界を超え、世界から尊敬を集める存在である。

--詳細情報--

6月10日(月)~11日(火)の二日間、世界のシェフ・国内シェフと生産者、食のスペシャリスト達が集い交流する三陸国際ガストロノミー会議2019及び交流会が開催されます。
岩手初の食の国際会議です。多数の参加をお待ちしております。

申込はこちらから → https://gastronomy-sanriku.com/

◆開催趣旨
・東日本大震災後の国内外から寄せられた支援への感謝。
・ガストロノミー(美食術、食文化)の視点から地元の魅力・誇りを再認識。
・「食」を軸とした地域振興、よりよい復興、三陸の未来の創造。
◆開催日時
 2019年6月10日(月) 10:30~17:00
      11日(火) 10:30~15:00
◆開催場所
 宮古市民文化会館(岩手県宮古市磯鶏沖2-22)
◆料金
 国際会議:1日パス1,500 円(税込み)/2日パス2,500 円(税込み)
 交流会:6,500 円(税込み)
 ※会場へは盛岡駅発着のシャトルバスや公共交通機関のご利用をお勧めします。
 申込はこちらから → https://gastronomy-sanriku.com/
◆テーマ
 三陸の食、海と環境
... See MoreSee Less

【三陸国際ガストロノミー会議 2019  /  登壇者の紹介】

□登壇予定日:6/10(月)
オリヴィエ・ロランジェ氏 / フランス

ブルターニュ地方の港町カンカルで、オーベルジュ「シャトー・リシュー(ダイニングは2つ星)」や、自身の名前を冠したスパイスブランドを家族ととも経営する。
世界57カ国の高級ホテル・レストラン500軒弱が加盟する会員組織「ルレ・エ・シャトー」副会長。
海洋および地球環境への取り組みもこれからの料理人の責任ととらえ、2009年より絶滅危惧種をメニューから外すなど、持続可能な食のあり方について国籍・業界を超えた活動を積極的に行っており、ユネスコがオリヴィエ氏の名前を冠した海産資源に限定した料理コンクールを立ち上げるなど、その発信力と影響力は料理業界を超え、世界から尊敬を集める存在である。

--詳細情報--

 6月10日(月)~11日(火)の二日間、世界のシェフ・国内シェフと生産者、食のスペシャリスト達が集い交流する三陸国際ガストロノミー会議2019及び交流会が開催されます。
 岩手初の食の国際会議です。多数の参加をお待ちしております。

 申込はこちらから → https://gastronomy-sanriku.com/

 ◆開催趣旨
 ・東日本大震災後の国内外から寄せられた支援への感謝。
 ・ガストロノミー(美食術、食文化)の視点から地元の魅力・誇りを再認識。
 ・「食」を軸とした地域振興、よりよい復興、三陸の未来の創造。
 ◆開催日時
  2019年6月10日(月) 10:30~17:00
       11日(火) 10:30~15:00
 ◆開催場所
  宮古市民文化会館(岩手県宮古市磯鶏沖2-22)
 ◆料金
  国際会議:1日パス1,500 円(税込み)/2日パス2,500 円(税込み)
  交流会:6,500 円(税込み)
  ※会場へは盛岡駅発着のシャトルバスや公共交通機関のご利用をお勧めします。
  申込はこちらから → https://gastronomy-sanriku.com/
 ◆テーマ
  三陸の食、海と環境